加齢臭の対策

ノネナール発生の原因となるのは皮脂中の過酸化脂質の酸化です。ノネナールを根絶するためにはそのもととなる物質を排除することが必要でしょう。

加齢臭を抑える食事

まず活性酸素対策として食事に注意を払いましょう。緑茶のカテキン、大豆の大豆イソフラボン、ゴマのセサミンに代表されるポリフェノールやビタミンC、ビ タミンE、ベータカロチンなど緑黄色野菜に多く含まれる抗酸化食品を多く取り入れましょう。腸内環境を整えることは加齢臭原因物質の発生を抑えるともいわ れています。この点からも食物繊維を多く含む野菜類を多く摂ることは加齢臭対策として有効です。食生活で不足しがちな栄養分はサプリメントなどで補うのも いいでしょう。

動物性脂肪過多の食事やたんぱく質、香辛料のとりすぎ、アルコールの飲みすぎには気をつけねばなりません。これらは全て活性酸素の働きをよくする原因です。

生活習慣

ストレス、激しい運動、強い日光なども、活性酸素を作ります。ストレスはそれ自体が人間の生理的機能低下や多汗、皮脂の分泌過多を引き起こします。また、蓄積すれば精神的にも肉体的にも老化を早めます。

タバコもよくありません。タバコは活性酸素そのものを作りだすからです。タバコ自体の「ヤニ臭さ」は「親父臭さ」の代表例とも言われます。

清潔な生活

汗をかいたらすぐ拭くことを心がけましょう。特に汗をかきやすい夏などは下着をこまめに取り替えたりすることで菌の繁殖を防ぐことができます。

毎日お風呂に入って体を清潔に保ちましょう。皮膚表面の汚れや過多な脂肪分はしっかり洗い落としましょう。ことに皮膚表面の汚れや過多な脂肪分は、石鹸な どで洗い落とし、さっぱりしましょう。汗をかく暑い夏などはこまめに下着を変えて、常在菌が繁殖するのを防ぐことも大切です。

常にハンカチやタオルを持ち歩き、汗をかいたらすぐ拭くようにしましょう。お風呂に毎日入ることも身体を清潔に保ち、表皮細菌の繁殖を防ぎます。

体臭除去には全身的な生理的環境の改善が必要です。心と体から若々しさを保ち、規則正しい生活を心がけましょう。