加齢臭の原因

高齢者の特有の臭いは以前から指摘されていましたが、最近では老年になる前の中年の人 ( 早い人では20代後半 ) たちのニオイが注目され始めました。 これを「加齢臭 ( エイジングノート ) 」といいます。

中高年に特有な体臭

加齢臭とは、中高年特有の体臭です。加齢臭は、加齢に伴う体質の変化によって発生すると言われ、つまり年をとれば誰にでも起こりうるものです。 具体的には、ロウソクのロウのようなニオイという表現をされることもあります。臭いに敏感な、むしろ過敏ともいえる日本の現代人、特に若者が嫌う、「オヤ ジ臭さ、オバサン臭さ」はこの加齢臭が原因かもしれません。

加齢臭の原因

加齢臭の原因となっているのは「ノネナール」という物質です。ノネナールは 汗腺のそばにある皮脂腺から出る脂肪酸が、酸化したり、あるいは皮膚表面のバクテリアによって醗酵で出来る物質で、不飽和アルデヒドです。

加齢臭の発生

加齢に伴って、人体には老化物質が蓄積されます。血管内にたまるコレステロールなどがその代表例です。さて、人の体には皮膚を乾燥から守るために皮脂を分 泌する皮脂腺というものが存在するのですが、この皮脂腺内にたまる老化物質が「パルミトオレイン酸」という脂肪酸です。この脂肪酸が活性酸素と反応する と、酸化して臭いのもととなる過酸化脂質という物質に変わります。

活性酸素は、 25 歳くらいを境にそれを抑制する酵素が減少することから、加齢に伴って体内における割合が増加するといわれます。 老化に伴って増加する活性酸素と、老化物質パルミトオレイン酸。特に 40 歳以降、加齢臭がするようになるといわれるのは、臭い原因物質ノネナールが加齢とともに増加するという発生メカニズムをもっているからです。

男の方が臭くなりやすい?オヤジ臭

一般に女性より男性のほうが加齢臭がするといわれるのは女性が女性ホルモンに守られているためにノネナールの発生が比較的少ないからのようです。また、皮 脂の量も加齢臭に関係します。男性のほうが女性に比べて皮脂の分泌量が多いので加齢臭が顕著ですが、 顔や胸、背中などの皮脂腺が多い部分から、女性でも加齢臭がすることがあることもわかっています。

また、高たんぱく、高脂肪の食事が過酸化脂質を活発にしているともいわれています。若いからといって油断していると、いつの間にか加齢臭の予備軍となっている可能性もあります。活性酸素の増加を少しでも抑えるような生活をすることも重要です。