足臭の対策

足臭の対策は少し気をつければ大きな成果を上げることができます。

靴による足臭対策

まず通気性のよい靴を選ぶことが大切です。天然の皮を使ったものがいいですが、最近では人工でもいいのがあるようです。靴の素材も大事ですが、自分に合っ た靴を履くことも、通気性を良くする事に繋がります。変に圧迫するような靴や大きすぎる靴は歩くのに疲れてしまい、どうしても汗が多くなりますし。また、 歩くときには足と靴の形にズレが生じ、わずかな隙間ができ、この隙間から、靴の中のムレた空気と外の新鮮な空気がすばやく入れ替わるのですが、足に合った 靴ほどこの換気がよく行なわれるらしいです。

そして靴は毎日同じものを履かず、 2 , 3 日のローテーションで履きまわしたいところです。靴の湿気は一日で取れるものではないので一日はいたら次の日は風通りのよい日陰で休ませてあげるといいで しょう。 家に帰ったら靴の湿気を取ったり、消毒したりするのも効果的です。靴の中の微生物の繁殖を防ぎましょう。

仕事中は、休憩時間などに短時間でも良いので靴を脱いでみましょう。靴の空気を入れかえる事で少しでもムレを抑える事ができます。もし可能であるなら、仕事中はスリッパを履くなどして、 通勤用の靴を休ませ、湿気を逃してあげましょう。

靴下での足臭対策

靴を履くときは、素足ではなく、(できれば吸湿性の高い)靴下を履きましょう。女性の場合ストッキングが多くなりますが、ストッキングは靴下に比べて吸湿力が劣ります。ですのでこれは吸湿性の高いものを選ぶことで補うしかありません。

つま先ストッキングやインソールの併用も効果的です。男性の靴下については、綿素材は吸湿力は高いのですが発散性が低いので、吸湿力、発散性ともに高いシルクやウールを使ったものがよいようです。五指ソックスも足のムレ防止に効果があるようです。

足を洗う

足は手のように一日に何度も洗うわけではないので不潔になりがちです。 帰宅後は薬用石鹸で足を洗って微生物の繁殖を阻止しましょう。タオルで拭いておくだけでも効果はありますが、特に汚れがたまりがちな指の間など、できれば 薬用石鹸を使ってしっかり洗いたいところです。

食生活改善

動物性たんぱく質や脂肪を多く含む肉や乳製品を食べると、脂質の分泌が増えてニオイのもとを作り出し、エクリン腺も活発になるので汗もかきやすくなります。高カロリー、高脂肪の食事は意識して避けるようにして、魚や野菜、果物などのビタミン類を多くとるようにしまましょう。これは足臭だけでなく体臭一般の予防に共通することです。

消臭グッズ

臭いに敏感な現代人の要望に応えるかのように、最近ではいろいろな足臭の対策グッズが販売されています。 用法をしっかり確認して、正しく使うことで効果が期待できます。スプレータイプやジェルタイプ、パウダー状のもの等など。状況に応じて使い分けましょう。

お酢

消臭作用があるといわれるお酢。これはお酢に含まれているクエン酸が雑菌の繁殖を抑えるからです。 洗面器にお湯を入れて、大さじ一杯のお酢をたし、足を 10 分間浸すだけで効果が得られるともいわれます。毎日の習慣にする事で足臭の予防につながります。