わきが・腋臭手術

皮膚を切ってアポクリン腺を除去する腋臭手術です。わきが治療の最終兵器です。一般的には最も効果があるといわれます。ただし人によっては傷跡が目立ったり、再発したりすることもあるとされているので、慎重な判断が必要です。

削除法

皮膚の一部を切開し特殊な器具を挿入して、患部を剥離させて取り除く方法で美容外科では一般的に行われている腋臭の手術になります。ただし術後に厳重な圧迫が必要であるなど、少なくない苦痛を伴うともいわれます。

煎除法

ワキの下の皮膚のシワに合わせ3〜4センチの切開を一ヶ所ないし二ヶ所入れ、皮膚を裏返してアポクリン腺をハサミで切り取る腋臭 手術です。医師の技術にもよります が、アポクリン腺の完全な除去も可能で、再発は少ないといわれます。ただ傷跡の大きさや術後の安静期間の長さなどデメリットもあります。

吸引法

脂肪吸引と同じように吸引器や吸引管でアポクリン腺を吸引する方法です。傷跡はほとんどなく痛みも少ないこと、腋臭の手術に時間がかからず、比較的安価で可能な ことがメリットです。ただし完全に除去されたかどうか確認できないため、再発の可能性が高いともいわれます。また、多汗症の人には効果がないようです。

超音波法

わきの下に数ミリの穴を開け、そこから細いハンドピースを挿入、先端からでる超音波によって血管や神経を避けて、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を破砕 しながら、同じ管で吸引する腋臭手術法です。切開部が小さく、患者さんへの負担が少ない方法です。ただし汗腺の一部が残ってしまうこともあるため再発の恐れがあ ります。完全な無臭になるのは難しいともいわれます。

マイクロリムーブ法

細いハンドピースの先端についたマイクロチップの回転エネルギーによりアポクリン汗腺を粉砕し、除去します。同時にエクリン汗腺も粉砕するので多汗症治療にもなります。大きな切開を必要としないため、傷跡がほとんど気になりません。腋臭の術後の経過も比較的よいといわれます。